おすすめ記事 介護業界の流れ

正社員登用制度について知ろう!

嘘が多いかもしれない正社員登用制度の仕組みについて

正社員登用制度には嘘が多い?

注意点もある

一般的な求人には「正社員登用あり」と記載されているものがあります。派遣社員として働く現場では、正社員になれるようなオファーがあるかもしれません。いずれは正社員として働きたい人にとっては魅力的ですが、実際は正社員登用されることはあまりないようです。そのため時間を無駄にして、正社員になりやすい時期を逃してしまう可能性があります。これから働く人は、正社員登用の実態を理解しておく必要があります。

注意点もある

直接雇用の実情

正社員以外で雇用されて、将来的に正社員となれる確率はどの程度なのでしょうか。派遣社員は最大3年、契約社員は最大5年まで、同じ雇用形態で働くことができます。その期間中に実績があっても、直接雇用という流れにはなりません。実際に直接雇用した経験のある企業が少ないのが現状です。正社員登用制度がない企業も半数以上で、実績が少ない企業も多く、制度が伴っていないと言えるでしょう。

嘘がある会社

正社員登用制度があると伝えられていたのに実際にはなく、期待だけ持たせるような場合も多々あります。先延ばしにして、結局満期になったら切り捨てられるような厳しい場面もあるのです。
もし契約社員から正社員になれたとしても、雇用条件が必ず良くなるとは言い切れません。契約社員で5年を超える場合、労働者からの希望があれば無期雇用にしなくてはいけないという法律があります。これで変わるのは、有期雇用から無期雇用になるという部分のみで、正社員採用されるわけではありません。年収やボーナスアップを見込んでいたのに、結局は何も変わらなかったということもあるのです。
安い賃金のままで正社員として働いてもらえるなら、雇用側もそれに越したことはありません。コスト的にも教育費用が抑えられ、雇用側にもメリットでしょう。正社員を雇うならわざわざ契約社員から雇用しなくても良いはずです。正社員登用という魅力的な部分は、実は違うのかもしれません。正社員希望者に期待を持たせ長く雇用させる企業もあるため、注意が必要です。

時間を無駄にしないように

労働者のことを最優先に考えられる、余裕のある企業はなかなかありません。正社員のことを守らなくてはいけないと思っていても、実際の企業の利益から考えるとそう甘くないのが実情です。
正社員登用を目標としていれば、非正規雇用として働いている長い期間は、我慢できるのが労働者側の実態です。契約社員5年勤務、また次の企業でも契約社員5年勤務と考えると、時間の無駄にも思えます。年齢が上がれば、それこそ正社員になることが徐々に難しくなっていきます。企業と労働者の温度差が生まれる状態を理解しておきましょう。

意外と知らない「正社員登用制度」

求職活動をする時に欠かせない求人票。その求人票に「正社員登用制度あり」という記載があります。「これってどんな制度だろう?」と思いながらもそのままにしてしまうことが多いでしょう。今回は「正社員登用制度」についての様々な情報をお伝えしていきます。【お問い合わせ先】