おすすめ記事 求人サイト利用のコツとメリット

正社員登用制度について知ろう!

正社員登用制度の流れに注目したい介護業界の今

介護業界の流れ

未経験でも正社員登用可能

今の介護業界は、正社員として登用されやすい時期にあります。それは人材不足から、多くの介護施設では積極的に正社員の登用を行なっているからです。介護職員が長く働ける環境を整えるために、各施設は正社員登用に取り組んでいます。そのため未経験からでも、チャレンジしやすいのです。
パートから正社員へなるためには、まず仕事内容の忙しさに順応していかなくてはいけません。訪問件数の増加、職員間のフォロー、拘束時間を理解した上で、正社員登用を目指しましょう。

未経験でも正社員登用可能

正社員の注意点とメリット

パートか正社員かで迷っている人に、正社員のメリットを紹介します。正社員登用されれば、社会保険の充実から安心して働くことができますが、拘束時間が増える点や、シフトの調整もパートなどより優先度が低くなります。また施設によっては残業もあり、パート感覚でいると後悔してしまうことも。そのため、正社員からパートへ戻る人もいるのです。仕事内容自体は変わりませんが、パートよりも融通は利かなくなるので注意が必要です。契約社員の期間中にイジメやパワハラがあれば、正社員を目指す前に辞めることもひとつの手段です。
介護職の仕事は、施設や訪問介護などで現場の環境が異なります。正社員を目指すべき最初の決め手は、働いてすぐの環境が自分に合っているかどうかです。未経験である新入社員には、事前に教育面の充実を謳っていても、いざ入職したら完全に放置されてしまったという事案もあります。そのような施設にあたってしまうことも考えられるので、その場合は迷わず退職も考えましょう。この経験を次の転職活動に活かしていきましょう。最初の職場選択によって自信を失い、介護業界自体を辞めてしまう人もいます。事前に勤務先の職場見学をして、人間関係のチェックをするのもおすすめです。

正社員登用の確立は高い

介護業界でアルバイトやフリーターとして働いていると、実績や勤務態度によっては正社員へのオファーがあるかもしれません。施設側としては、勤めている期間が長いことが信頼感へとつながります。さらに即戦力にもなるので、有望な人材として判断されるのです。また人材不足から、アルバイトでも職員数を確保したいという気持ちは強くあるのが実情です。
正社員登用への確率も比較的高い介護業界の仕事は、正社員を目指す人にはピッタリです。しかし、仕事内容から見るとすぐに正社員になるには問題もあり、自分に合う仕事かどうかを見極める期間も必要です。もし、やりがいを感じられるのであれば、長期雇用も視野に入れて人生設計をしてみましょう。まだまだ待遇面で、追いついていない現況がありますが、やりがいと将来性が見込める業界です。

意外と知らない「正社員登用制度」

求職活動をする時に欠かせない求人票。その求人票に「正社員登用制度あり」という記載があります。「これってどんな制度だろう?」と思いながらもそのままにしてしまうことが多いでしょう。今回は「正社員登用制度」についての様々な情報をお伝えしていきます。【お問い合わせ先】